取り扱いサービス

個人再生手続きのメリット・デメリット

当事務所の債務整理専門サイトはこちら浜松の弁護士による債務整理・破産・個人再生相談所

 

個人再生手続きのメリット・デメリットは以下のとおりです。

個人再生手続きのメリット

  1. 資格制限がありません(自己破産ができない方も個人再生は可能)。
  2. 免責不許可事由がありません。(浪費が著しい、ギャンブルが原因の借金などであっても手続き可能)
  3. 申し立てをすると当面の支払いや、差し押さえを止めることができます。
  4. 財産を処分する必要がありません。
  5. 住宅ローン以外の借金を大幅に減額できます(将来の利息をカットできる)。
  6. 自宅を手放さなくて済みます。
  7. 残金全額の一括請求を待ってもらえます。
  8. 住宅ローンの返済スケジュールを変更できます。

個人再生手続きのデメリット

  1. 申立てから決定まで半年近くの手続期間が必要であり、原則3年間の返済期間があります。
  2. 最低でも100万円の返済が必要になります。
  3. 一定期間(5年~7年)はローンを組んだりクレジットカードを作ることはできません。
  4. 安定した収入がなければ利用できません。
  5. 手続きが認められなければ自己破産手続きに移行される場合があります。
  6. 住宅ローンの返済額は減額されません。
  7. 住宅ローンや担保付き債権以外の借金総額が5000万円以下でないと利用できません。