守秘義務・個人情報保護方針について

守秘義務・個人情報保護方針について

弁護士の守秘義務について

弁護士は、依頼者(顧問先や相談者を含みます。)について職務上知ることができた秘密を守る義務があります(弁護士法23条)。この弁護士の守秘義務は、依頼者の信頼の基礎となるものですので、弁護士が守るべき基本的な義務といえます。   弁護士が守秘義務に違反すると、弁護士会から懲戒処分を受けたり、依頼者に対して損害賠償責任を負うことになります。

当事務所の弁護士及びその被用者である法律秘書及び事務員は、依頼者の秘密を守る立場にありますので、安心してご相談ください。
当事務所は依頼者に他の依頼者の名前等の情報が一切見られないように,依頼者との打ち合わせ室と弁護士・事務局の執務スペースをしっかり分けています。
また,受付場所から他の依頼者のファイルが見られないように配慮しています。

 【参照】弁護士法第23条(秘密保持の権利及び義務)
弁護士又は弁護士であった者は、その職務上知り得た秘密を保持する権利を有し、義務を負う。但し、法律に別に定めがある場合は、この限りではない。

岡島法律事務所の個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)とは、個人情報の扱いについて、依頼者等 の関係者との信頼関係を構築するために、組織の方針等を宣明するものです。
岡島法律事務所は、依頼者との信頼関係を保持・深化させるため、個人情報の保護の重要性を自覚し、個人情報を適切に管理するため、以下の事項を念頭に置いて、個人情報の取扱に努めています。

  1. 個人情報の取得
    個人情報は、利用目的に従い最小限の範囲で取得します。
  2. 個人情報の利用
    取得した個人情報は、委任業務を行う目的のみで利用します。
  3. 個人情報の管理
    取得した個人情報への不正アクセス、紛失、漏洩などを防止するため、適切な安全対策を実施します。
  4. 個人情報の第三者への提供
    取得した個人情報は、ご本人の同意を得た場合、または法令に基づく場合を除き第三者には提供いたしません。
  5. 個人情報の訂正等
    取得した個人情報につきましては、ご本人からお申しいただければ開示、訂正、削除等いたします。