気になることQ&A

気になることQ&A

このページでは、皆様の暮らしの中での法律問題について、簡単に説明します。

皆様が抱えるトラブルの解決の糸口になることを願いますが、法律紛争というのは一見単純そうに見えても、実は事件の内容によって様々なところがあります。ここでの解説は、あくまでも判断の目安となるものなので、無理に自分で判断せず、専門家の法律相談を受けることをお勧めします。

婚姻・離婚分野のQ一覧
Q:未成年者でも結婚することはできますか?
Q:いとこと結婚することはできますか?
Q:婚約破棄について。
Q:妻に送ったプレゼントを取り戻すことはできますか?
Q:結婚しているのですが、主人が長期間行方不明です。この場合再婚できますか?
Q:離婚するつもりはないのに夫が勝手に離婚届を出そうとしています。どうしたらいいでしょうか?
Q:私の不貞が原因である場合、私から離婚請求することができますか?
Q:ボケを理由に離婚することはできますか?
Q:離婚する際夫婦共同の財産はどうなるのですか?
Q:慰謝料は必ずもらえるのですか?
Q:離婚後もなお結婚中の氏を名乗ることはできますか?
Q:子どもの苗字が私と異なっているのですが変えることはできますか?
Q:子どもの親権が欲しいのですが・・・
Q:離婚し別れた子どもに会いたいのですが・・・
Q:結婚していない2人に子どもができました。父親とはどのような関係になりますか?
Q:未成年で未婚の娘が出産したのですが、その子の親権は誰にありますか?
Q:未成年の子の財産について、親権者である私が代理人になることはできますか?
Q:出産後間もない子どもが放置されていたのですが、どうすればいいのでしょうか?
Q:胎児の法律的な地位について教えてください。
Q:苗字や名前を変えることはできますか?

 

 

遺産・相続分野のQ一覧
Q:誰が相続人となり、相続分はどうなるのですか?
Q:兄弟姉妹が複数いた場合の遺産の分け方は?
Q:生前大変苦労して親の面倒を見ていたのですが・・・
Q:借金も相続されるのですか?
Q:お墓や位牌の相続はどうなるのですか?
Q:親不孝者の息子に財産を相続させたくないのですが・・・
Q:私より先に子どもの方が速く死んでしまったのですが、その場合の孫の立場は?
Q:遺言でどのようなことを決められますか?
Q:遺言の書き方を教えてください。
Q:遺言の信憑性。
Q:遺言により全ての財産が第三者に遺贈された場合相続人には何の権利もないのでしょうか?
Q:遺留分を主張することができる財産とは?
Q:遺留分減殺請求によって主張できる権利とは?
Q:相続人がいなかった場合、その遺産はどうなるのですか?
Q:生命保険の死亡保険金は相続できますか?

 

 

借金・破産分野のQ一覧
Q:借金の取立で悩んでいます。
Q:借金の形に年金手帳を取られてしまったのですが・・・
Q:友人から名前だけ貸してくれと言われたのですが・・・
Q:連帯保証人になってくれと頼まれたのですが・・・
Q:借金の一本化はした方がいいのですか?
Q:自己破産とは?
Q:免責決定を受けることができる条件は?
Q:ギャンブルで作った借金も免責理由になりますか?
Q:自己破産するメリット・デメリットは?
Q:弁護士に依頼しないと債務整理はできないのですか?
Q:どうして利息の再計算が必要なのですか?
Q:私が自己破産したら、連帯保証人の妻はどうなるのでしょうか?
Q:弁護士費用が用意できないのですが・・・
 

1524425152442515244251524425152442515244251524425