取り扱いサービス

借金整理の方法

当事務所の債務整理専門サイトはこちら!

hamamatsusaimu_logo

 

借金を抱えて困っていても、必ず解決方法はあります。一人で悩まず早めに弁護士などに相談をし、生活の再出発を図りましょう。
当事務所では,経済的にご自分の力で立ち直り,お金持ちになる基礎を造るために岡島式家計簿を書くことを全ての方にしていただいております。家計簿など今まで一度もしたことがない方や,書いたことがあっても三日坊主で終わってしまった方でも,誰でも継続できる方法です。現にこれを行うことで,経済的に立ち直り100万円の貯金ができるようになった方は,事務所設立以来,相当の数の方がいらっしゃいます。
詳しい方法は,債務整理専門ホームページのここを見てください。

借金を整理するには、①任意整理、②特定調停、③個人再生手続き、④破産手続きの4つの解決方法があります。以下に簡単にそれぞれの手続きの説明をします。

任意整理

任意整理とは、裁判所を通さずに債権者(金融会社等)と交渉し、借金の額や返済額、返済期間について話し合う方法です。
今までの借り入れや返済の取引を利息制限法内で計算し直しますので、借金の減額につながる場合もあります(返済期間が短い場合など、減額にならない場合があります)。また、毎月の返済額を減らすなどの交渉をし、無理のない返済を続けていくことができます。

特定調停

特定調停とは、裁判所を通して債権者と話し合う方法です。裁判所に特定調停の申し立てをすると、調停委員があなたに代わって金融会社に対して交渉してくれます。
効果としては、任意整理と同じく、利息制限法に基づいて計算し直して借金の総額を減額したり、分割払いの返済方法を変更することができます。

個人再生手続き

個人再生手続きの一番の利点は、自宅を手放さずに住宅ローン以外の債務の整理ができる点です。
個人再生手続きとは、裁判所に申し立てを行い、借金総額を減額した上で基本的に3年で返済をする方法です。会社員など一定の収入がある人が利用できる制度で、裁判所の決定により借金の総額を減額してもらい、その後「再生計画」に従って、分割で返済を続けていく制度です。
住宅ローンの返済計画も変更することが可能です(詳しくはこちら)。
どうしても自宅を手放したくないという方向けの制度です。
但し、この手続きを利用するには、安定した収入のあること等の一定の条件があります。
*個人再生手続きのメリット・デメリットはこちら

破産手続き

自己破産手続きは、借金整理の方法の中では最後の手段といえます。
裁判所に破産の申し立てを行い、財産処分しても返せない借金を帳消しにしてもらうのです。
収入がない人や、収入に対して債務額があまりに大きい人は自己破産を申請できます。
住宅や、ローンが残っている自動車、高価な財産などは処分しなくてはなりません(生活に最低限必要な財産は処分の対象外です)。
また、ギャンブルや浪費でできた借金の場合は免責が認められないことがあります。
*破産手続きのメリットデメリットはこちら